妊婦さんへのマタニティヨガ、出産後の産後ヨガとは?

妊娠中のメリット

女性は妊娠すると出産するまで大きな体の変化を経験します。しかし、この変化は体に大きな負担をかけてしまいます。
また、妊娠中には特有のマイナートラブルが起こりがちです。これは、自分の骨格や筋肉が急激な体の変化に対応しきれないことから起こることが多く、血行不良やむくみ、腰痛などの症状を訴える方が多くいます。

そして安産へ

そのため、妊娠中に出産に向けて体力をつけておくことや、それを通じてスムーズなお産をすることや早い回復することは充実した育児生活にも繋がっていきます。また、実際に症状は出なくとも予め予防や対策をしておくことも大切です。

精神面へのサポートも

マタニティヨガは、筋力をアップするだけでなく呼吸法や瞑想を通じて不安定になりがちな精神面への効果も大きく、妊娠中の大きなサポートにもなります。気持ちをほぐして、お腹の赤ちゃんと通じていることをイメージしたり、自分自身の変化に戸惑う気持ちや不安な気持ちをリフレッシュしてくれる効果があります。

出産から産後まで

そして出産時にはさらに体に大きな負担がかかります。産後は赤ちゃんのお世話に追われ、なかなか自分のケアをすることができなくなります。しかし、マタニティヨガで予め妊娠中から筋力をつけておくことで、出産時のダメージが最小限に抑えられ、体型の回復も早くなります。